Article

        

「Sexy Zone」佐藤勝利、劇中で父の死を告白「花道になればと思った」

2016/ 12/ 14
                 











ジャニーズの若手アイドルが多数出演する新作舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」(作・構成・演出・ジャニー喜多川氏)が3日、東京・帝国劇場で開幕した。「すべて事実に基づいた舞台」とジャニー氏。ステージでは「Sexy Zone」の佐藤勝利(20)が9月に父親を亡くしていたことが明らかになった。佐藤は「父の花道になればと思った」と悲しみを胸に、熱演を繰り広げた。

 佐藤の目に光るものがあった。心の底からあふれ出た涙だ。「この名前(勝利)は父さんが付けてくれた。父さんのためにも負けるわけにはいかないんだよ。俺の父さん、死んじゃったんだよ」。うなだれながら絞り出したセリフは、現実に起きた出来事だった。

 闘病生活を続けていた父親は、9月に57歳という若さで亡くなった。詳細こそ明かさなかったが、誰よりも息子の活躍を喜ぶ父親だった。8月のソロ公演も、客席に父親の姿があった。「舞台もライブも毎回見に来てくれていた。病気になって、寝たきりで座るのもつらいときがあった。それでも我慢しながら見に来てくれたときは、本当にうれしかった」。わずか7分しか座席に座っていられない日もあったという。

 舞台開幕の数日前、ジャニー氏から物語に盛り込むことを提案された。父が亡くなって2か月余りのころ。佐藤は葛藤しながらも「事実をどこまで入れるのか、悩んだ。姉に言われた。『父がステージに立てるんじゃないか』。誇らしいことだと思った」と決意した。

 ジャニー氏なりのメッセージが込められていた。「地球のすばらしさ」「平和の尊さ」「平和の象徴としてのショービジネス」をテーマに、12年から毎年「ジャニーズ・ワールド」を上演。4年ぶりの新作は「物語というより、ドキュメントのような舞台。事実の重みが、きっとお客様にも大きな勇気を与える。事実は小説より奇なり」とジャニー氏。佐藤だけでなく、ジャニーズJr.3人組「Mr.KING」の平野紫耀(しょう、19)も、ジャニー氏が当て書きしたセリフで「俺が東京に出るとき、母親の頭に悪性腫瘍が見つかった」と今も闘病中であることを打ち明けた。

 今作の出演者は総勢80人近くに及び、テーマは「全員が主役」だ。それぞれに見せ場があり、舞台の中で、いま生きていることの意味を訴えかける。「改めて父が付けてくれた名前の意味を考えた。余計に負けられないと思った。絶対に負けないという思いがこみ上げてきた」と佐藤。悲しみと向き合い、来年1月24日の千秋楽まで、日々成長を続ける姿を天国へと届ける。















お台場観光スポットならマダム・タッソー東京!



レゴブロック




通販情報をいち早くお届け󾬚
kawaii★collection

ゆめかわいい.com
http://blog.crooz.jp/melodywhite

通販ときどき大人買い󾬌
http://printjewel.blog.fc2.com/
グルメ 食品毎日通販
http://gurume.2chblog.jp/
お取り寄せグルメ★通販情報

ジャニーズ出演情報更新中
over...?
スポンサーサイト